案内広告 

団地

私が上京して初めてまともな就職をしたのは、三田にある案内広告の小さな会社だった。社長も先輩もともに蟹座で山羊座の私とはそりが合わない。果して6年後には退職を余儀なくされるのだが、それまで考えられないような失敗を何度もやらかした。我ながらイヤになってしまう。取引先にもさまざまに迷惑をかけてしまった。辞めるときは恨むしかなかったが、こういう私の失敗を黙ってフォローしてくれたのだから、本当は感謝しているのである。会社が入っていたビルのフロアはそのままカラオケボックスになっており、今でも時々当時の同僚Y氏とそこで歌っている。

さて、案内広告とはいわゆる三行広告のことだ。映画『ダーティハリー』で警察は、狙撃犯さそりから返事を案内広告に載せるよう要求される。日本の案内広告は明治31年、報知新聞の「職業案内」に始まると言われているが、初期には紛失、拾得、尋ね人などの広告を無料で掲載することが多かったという。身近な情報を載せることで新聞と読者の距離を縮める役割を果たした。関東大震災の後には立ち退き先や尋ね人が新聞に殺到し、いわゆる復興広告が続いた。案内広告は現代のツイッターなどと同じような位置づけだったのだろう。高度成長期には案内広告の需要は人事募集や不動産広告に集中し、市民の相互コミュニケーションの場という性格はほとんど消え失せた。別刷りで4ページすべて案内広告という今では考えられないような形態もあったのである。しかし、こうした人事募集は次第にリクルートや学生援護会の求人情報誌に移っていく。求人情報誌はビジュアルを生かして若者の周辺情報を盛り込み、新聞には出来ない「就活」・バイト探しのモード化に成功してその座を奪った。

案内広告は見出しに倍半活字を配し、2行、3行という小さな枠に情報を詰め込むために独特の表現を生み出した。細面・歴持参・社保完・交費給・普免有方……などなど。活字だけの灰色の紙面にはコリコリした生きた社会の手触りが感じられた。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

電子広告

今でも3行広告を見かけるが関係者かヒマ人位しか見ないのではないか?インターネットの時代となってしまった今ではブログもHPも広告の中に申し訳程度にあるみたいで何となくかわいそうだ!広告あっての世の中か。

Re: 電子広告

それは何新聞で何欄が載っているかがこの際大事な情報です。後半は広告付のブログやHPのことをおっしゃっているのでしょうか? 言い換えればインターネット上ではブログもHPも広告として用いられていると思うのですが……。

「・・・何欄・・・」の意味がよくわからないがようするに募集欄のことかな?

Re: 募集欄です

そうです。地方版のことはよくわかりませんが、普通の人事募集もあるんでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/48-08e2ac09