買い物 

銭湯が解体されていた
ふろ

3日に1回はスーパーマーケットで買い物をする。そのサイクルはパンの枚数によっている。6枚を2枚ずつ食べるので3日でなくなる計算だ。パンも何でもいいわけではなく、パスコのライ麦入り食パンというのを数十年食べ続けている。だからこのパンを売っているスーパーでなければ意味がない。売り切れていれば、やむなくレーズン入りとかクルミ入りとか、ときにはベーグルなどを買う。1回の金額は2500円前後だが、これを1つのポリ袋にぎっしり詰め込むのが楽しみである。バナナや野菜類は底に置き、豆乳などは真ん中にまっすぐ立てる。周りには豆腐のような平たいものを入れ、袋が損傷しないようにする。うちに帰り着く頃は手が痛くてたまらなくなる。
ところが、先日まずいことが起きた。1度使ったポリ袋をもう1度使っていたのだが、前回も同じようにぎゅうぎゅう詰めてかなり重たかったのであろう。持ち手の部分がぴっと縦に切れるいやな感触があった。かまわずエスカレーターで降りようとしたとき、降りきる前に突然持ち手が切れて買った品物をぶちまけてしまった。幸い卵もヒビだけで無事だったが、冷汗をかきながら品物を拾い集め、長い方の持ち手の残りと口を結ぶ小さなべろとを結んで仮の持ち手を作って何とか家に帰った。これ以来、余り無理せぬよう重い場合は2つに分け、反復使用は1回に留めることにした。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

銭湯がなくなるのは寂しいですね。

スーパーマーケットの袋の破損は悲しいですが、銭湯がなくなるのはさらに悲しいですね。私も月に2回くらいは近くの銭湯に行きます。湯船が7つもあるのに他の銭湯と同じ450円。ここに2時間位いると生き返ります。

Re: 銭湯がなくなるのは寂しいですね。

銭湯へ行くのは自宅の風呂が壊れたときくらいでしょうか。以前、人が誰もいないのでゆっくりしていたら、とっくに終わっていたのでした。大恥かきました。この銭湯の解体現場はかなり暗かったけど二度と撮れないと思い、緊張してシャッターを押しました。

エコ・エコ・エコ!

公衆の面前でぶちまけたのかな?エコ袋、エコバッグを利用すべし!

Re: エコ・エコ・エコ!

公衆の面前というのか、そんなにそこに人はいませんでしたがね。エスカレーターに乗っていたおばさんに中身を見られてしまいました。しかし、市販のエコバッグはなぜあんなにベージュばっかしなんでしょう。デザインも質感もこれならというものがありません。勘違い製品の1つだと思います。エコ→低価格→適当なデザイン→まともな神経では買いたくない→さらに質が低下。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/55-019e5e47