チラシ配り人の危機一髪 

砂町商店街にて
パチンコ店
 
チラシ配りもいろいろ問題がありながら続けている。先日、いつものコースでオヤジさんが呼んでいるので、また「ウチには入れるな!」と言われるのかと思ったら、「オレもこの前までやっていたんだよ」と言う。もちろん営業所は違うが、「なんとかかんとかで辞めちゃったんだ」。その「なんとかかんとか」が、どうも私には理解出来ない。彼とは問題意識がだいぶ違うらしい。私が地図にマーカーで印を付けながらやっているのを見て、「そんなことしてるの?」と言う。「配り漏れがあるといけないし、同じ家に二度配るのもまずいし」「なーに、チラシを受け取ったらこっちのもんだ。配り漏れようが二度配ろうが関係ないよ」「ま、ま、それはそうだけどね」。5、6分話したが、話がどんどんずれていくのには困った。
印を付けるのは私がきちんとした性格だから、ではなくこうしないと位置がわからなくなってしまうことがあるのだ。それだけこの地区は入り組んでいるし、似たような路地が多い。配布禁止の家もあり、そこは地図に赤で印がついているが私のはコピーだから黒くなっている。見逃してチラシを入れると即クレームが会社へ行くらしい。この季節、日向で地図を見るとてきめんに目をやられる。

いつも素通りしている角の建物が気になった。要塞のように窓が少なく生活感がない。郵便受けが別々に2つあって、いずれも名前は書いていない。勝手口のような段を上り掛金を外して柵を開けチラシを入れる。柵を元に戻し掛金を掛けようとするとすんなりいかず、カチャカチャと小さな音が出た。その間20秒も経たなかったと思うが、いきなり目の前のドアを開ける気配がした。私は身を翻して道路に下りた。別に悪いことをしているわけではないのにヒヤッとする瞬間だった。あとで地図をルーペで見ると小さな文字で「○○荘」とあった。入れてはいけない賃貸アパートだった。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

私も同じような経験が‥

まったくのボランティアの活動でチラシをポスティングしたことが幾度もありますが、ポストを探したり、ポスティングしている最中に家の人が出てくるととてもあわてます。
特に「チラシ無用」と書かれているところや、管理人のいるマンションはドキドキです。地域の商店の売出しなどの情報も含めて拒否する発想は、地域社会の解体の象徴でもありますね。

Re: 私も同じような経験が‥

当社はお客様に不愉快な思いをさせないよう、不要と書いてあるところには配布いたしません。しかし、新聞折り込みだと不要もないのになぜポスティングだけ拒否するんでしょう。私ならありがたく頂戴して古紙回収に回しますがね。ま、世の中にはチラシを入れて有罪を食らった人もいることですから、気をつけたいものです。

チラシ・セールス御断り

小生の経験はもっとすごかった。訪問して会話をすれば1件、不在だと再訪問してなお不在の時は署名入りのチラシを配布してようやく完了だ。しかし後から○○を出せと必ず文句が来る、二度と行くことはないが恐怖だったネ。

Re: チラシ・セールス御断り

これは何か言われたわけでもないし、なぜ出てきたのかもわかりません。私が一番怖いのは犬ですよ。この前家の中で犬がむやみに吠えるので写真を撮ってやろうと近づいたら、後ろで主人が見ていました。どうしても吠える犬を避けられないコースがいくつかあるもんですから。一方、猫のいるところ、「ネコロジ」コースは楽しみでワクワクします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/56-815e1aae