眼をいたわれ 

飯田橋1

あと1週間ちょっとというのに写真展の準備が進まない。原因は思惑違い。3年前にはあった1.3ミリ厚のマットがなくなったという。富士のA29というアルミ額は安い割にかっこいいので選んだのだが、裏板を含め横から差し込むタイプなのでマットの厚さは自由に選べない。前のを流用してもいいのだが、色と中抜き寸法がちょっとのところで気に入らない。そうなると進めていいはずの、点数の多い六切のプリントも心理的に滞ってしまう。しかし、やっと解決策を見出した。それは裏板も2ミリのマットに替え、本来のマットを1.5ミリのものにすることだ。1.5のマットはたくさんあるから、これでOKだ。四切だから裏がマット(紙)でも強度は心配あるまい。明日早めに注文しよう。

今日は久々にチラシ配りをした。しかし視力が落ちコピーした住宅地図の小さな字が見えない。これには弱った。夕方になると光が弱くなり、更に見えにくくなってしまう。次はポケットルーペが必要だ。だいたいパソコン使いすぎは眼に悪い、トイレで新聞を読むのも悪い、電車で新聞も悪い、仕事するのも悪い? 老人は眼をもっと大事にしなくちゃ。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ハメマラ

20数年も前からハメにガタが来ていたというのに今頃目の心配をするなんてむしろうらやましいよ。歯はどうなの?

Re: ハメマラ

仕事の時はさすがにメガネを掛けますが、チラシ配りではそうもいきませんので、ブルーベリーのサプリなど飲んでやってます。歯はブリッジにしている個所がよくありませんね。ほんとはインプラントにしたいところですが、時間は掛かるは金は掛かるは。おまけに全身麻酔が醒めずに大変なことになりかけた話も聞きました。ブリッジでだましだましいくしかなさそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/74-18bcb359