ADSLダウン 

アメリカ橋より         都写美横の花壇
アメリカ橋 都写美

金曜日からADSLが急に不調になった。一時的に繋がってもすぐ繋がらなくなったり、繋がらなかったのにふっと繋がっていたり。錦糸町のヨドバシで新しいケーブルを買い交換したが症状は変わらない。土曜日の朝、朝日ネットのサポートへ電話したら、モデムが製造中止になった古い型でトラブルが起きやすいものだったらしく、別の新しいモデムを送るという。そんならトラブルが起きてからではなく、起きる前に送ってくれたらどうなのか。朝日ネットに根本的な不信感を抱く。日曜の昼前、新しいモデムが届くが、ADSLの認証ができず、またサポートに電話する。電話代は自分持ちだ。延々と待たされた挙げ句、わかったのは認証用IDがいつも使っているネットのアドレスではなく、@の右側に別のドメイン名を入れなければならないということ。そういうことはたとえサイト上に掲載されていたとしても、ADSLが不通の状態では見られないし、また不通にならなければ見る必要のない情報であることだ。現代社会はネットに繋がらないとすべてが止ってしまう。

午後から東京都写真美術館へ出かける。昨日、シュハリでSさんに江成常夫展の招待券の最後の1枚をもらったのである。南島、沖縄、満州、そして広島・長崎……確か現在闘病中と聞く江成さんのライフワークである。被爆者のポートレイトに並べられた、オブジェとしての遺物を精密描写した作品には江成さんの強烈な執念を感じさせられた。しかしFsさんはべた褒めであったが、テキストの詰めが甘く間違い(ヴォート・コルセアをグラマンコルセアとしてあるなど)も目に付き、私はイマイチ乗りきれなかった。江成さんはキャプションなどのテキストは二次的なものとしか見ていないような気がしてならない。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

寿命

フレッツ光かと思った。9年目の冷蔵庫の製氷部分が故障した。部品を交換したがたった2日でそいつがダウン。業者曰く9年で部品製造は休止とか。またダメなら買い換えてくれとは・・・

Re: 寿命

光は高くてとても手が出ません。ADSLを使っている人はだいぶ減ったでしょうね。

なるほど

コルセアはあの独特の主翼の曲線でコルセアとだけ思いついてなっとくとしてました。写真が95%以上で説明はあくまでも二次的なものであることは承知をしていますが、私はそれほど違和感は持ちませんでした。詰めが甘いのは私でしょうか。
違和感といえば年譜に書かれている2010年の旭日小受賞受賞がとても信じられないのです。

Re: なるほど

こういう場合、画像の完璧さとともにテキストの完璧さが求められると思うのです。テキストは決して二次的なものではないはずだという考えです。江成さんの写真展では、確か前にも同じようにイライラさせられる記述があったように記憶します。書物ですと編集者や校閲社が1字1句チェックしますが、写真展ではそれがないのでしょう。コルセアの件は、最終日まであのままということは誰も指摘しなかったのでしょうか。Fsさんのいうとおり逆ガル形の主翼が独特です。日本軍はシコルスキーとも呼んでました。

> 違和感といえば年譜に書かれている2010年の旭日小受賞受賞がとても信じられないのです。

いけませんか?? 江成さんは紫綬褒章も受章してますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/82-3af769a7