蛇崩 

蛇崩
蛇崩交差点

上目黒の夫婦殺傷事件はなんともおかしな犯罪である。金が欲しいという理由でいわき市から東京までバスで出、中目黒まで行って目についた家に押し入り主人を刺殺する。容疑者の言うとおりなら、犯罪までもが現実性を失い迷走する現代を見る思いだ。欲望と手段がとてつもなく乖離し、欲望は満たされないばかりか当人を更なる窮地に追い込んでしまう。今回の容疑者があっさり捕まったのは、街中に張り巡らされた監視カメラのおかげだとか。どこまでも無防備な犯罪者と監視カメラの社会は互いに馴れ合っているかのようだ。

実は被害者宅の辺りは私もよく知っている。かつて蛇崩に住んでいたとき、中目黒駅までの蛇崩川緑道は通勤のほか散歩や買い物によく歩いた道筋である。被害者宅も蛇崩川の谷間に面した住宅街の中の一戸で、遊歩道から見るとそびえ立つようないかにも金持ちの家という印象だった。それが加害者の被害者意識に火を付けたのだろうか。被害者宅から少し上流側へ行くと『歩道』の歌人・佐藤佐太郎の自宅があった辺りでその表示板が立てられている。佐太郎は折に触れ蛇崩川の四季を詠んだ。蛇崩川は全域で暗渠になったが情緒ある風景は変わっていないと思う。凄惨な事件には結びつけにくい。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

実に悲惨な事件だ。無差別に殺戮した「秋葉原」の事件など今では都会も田舎も区別無く起きているが、田舎の事件はどこまで都会に伝わっているのか分からないけど監視カメラがそれほど張り巡らされているわけでもないので一度発生するとなかなかつかまらない。だから監視カメラをつけろとは言わない、犯罪だけを監視している訳ではないのだから。プライバシー丸見えなんだそうだ・・・。

Re: 監視カメラ社会

> プライバシー丸見えなんだそうだ・・・。
コメントありがとうございます。自分のコメントが反映されない現象が起きました。FC2のシステムはいろいろ未熟なところがあるような気がします。さて、監視カメラ社会は鬱陶しいのか歓迎すべきなのか。犯罪が起るとつい監視カメラの映像はどうなっているんだと考えること自体、私たちが監視カメラ社会を欲望している証左ではないでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/9-3b95c537