写真をきれいに 

ダチュラ

高校同期会のプリントを1人当たり3枚でまとめて幹事へ送らなければならないのだが、それがなかなか捗らない。全部の画像からよさそうなのを選んでサムネールを印刷し、そこに名前を書き込んで一応のプリント枚数を決めてはみたが、やってみると色味が気に入らなかったり汚れ(?)の付いたカットがあったりで、修正や追加で都合3回(あと1回)写真店へ行くはめになりそうだ。プリントはカリッとした仕上げが気に入って西大島の島田写真をフィルム時代から使っている。こちらがデジタルにしてから一時疎遠になったが、セルフプリントのシステムが入ったのでまた使うようになった。既存のフィルムプリント機にデータを送るもので、これは大変便利だ。顔料プリンタでやれないことはないが、やはり銀塩の光沢や階調は真似できない。それとうちのプリンタはふちなしプリントが苦手なのだ。しかし、こんなにして苦労して送っても何の返事もない人がいる(特に男)。頼みもしないのにという考えなのだろうか。プリント代は幹事からもらえるからいいものの、まさに人生いろいろである。
           

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

わかるよ!

写真に趣味のない連中は、実はどうでもいいことなんだ。貰わなくても一向に気にならないから送られてきてもお礼なんかする気にならないのだ。自腹じゃないなら良しとすべし!。

Re: わかるよ!

お説ごもっともと言いたいところですが、写真に興味があるかどうかではないような。写真は毎年の同期会の記録であるわけで、ほとんど集合写真を撮っていない会合ですから、月日が経てば貴重な瞬間であることがわかるはずです。撮っているのがもっぱら私なので私の写真がないことが残念です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/98-a1fc9255