江戸・明治・東京重ね地図 

地図の縮尺は5段階に変えられる
重ね地図2

三毛猫の子猫さんのブログで街道歩きが話題になったのに便乗して、私のよく使うちょっと役立ちそうなソフトを紹介しよう。それはエーピーピーカンパニーの「江戸明治東京重ね地図」だ。現在、値下げされて15,000円台になっているが、私が丸善で買ったときは18,000円台であった。名前の通り、江戸・明治・現代の東京が重ね合わせで見られるまことに便利な地図ソフトである。某TVプロデューサーの個人的な意欲でつくられたソフトだというが、大変な精力が注ぎ込まれていることはよくわかる。江戸切絵図をどのようにしてかつなぎ合わせ、それを下敷きに江戸の地図を描いていくことは並大抵な努力ではできまい。当たり前だが、それが現代の地図と隅から隅までぴったり合わなければならないのだから。グループ作業としても気の遠くなるような摺り合せが続いたのではなかろうか。そんな手のかかった地図が18,000円そこそこの値段で使えるとは、ありがたくて涙が出るというものだ。最初、重ね方がわからず「できないぞ、役立たず」などと文句を言っていたが、写真左上の六角形の赤丸を時代の中間にマウスで動かせばいいことがわかった。
          
しかし、使い勝手は全体的にあまりよくない。インターフェイスが独特すぎて取っつきにくいのは事実。とくに検索機能が弱いのがマイナス点だ。鬼平犯科帳検索などというのもあるが、鬼平に興味のない私としては無用だ。その分ほかの検索を強化してよといいたい。使い勝手に難はあるが、曲がりくねった江戸期の川と現代の道路がぴったり重なったりするときは感動的である。あとは明治・現代だけでももう少し周り(郊外)が表示されるといいのだが……。
                   
ところで、以前紹介した『愛とカルシウム』の続編が「小説推理」の1月号から掲載される。興味のある方は図書館ででもどうぞ。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

地図

羨ましいね。地図の趣味がある小生もネットなんかで見たことがあったが価格に生活格差の現実で断念したものだ。ともかく羨ましいゾ!

面白そうなソフトですね

興味がないと申せば嘘になりますが、目下PCを所有していないため、残念ながらソフトの購入を検討する以前の段階です(苦笑)。

二昔以上前、陸軍参謀本部測量部(と記憶しています)が作製した東京府の地図と23区の地図とを見比べて遊んだものでしたが…。
時代の流れを感じますね(笑)。

うらやましいです

そのようなソフトをお持ちとは…。
時間のたつのを忘れてしまいそうですね。
私は剣客商売の世界で楽しみたいな。

  • [2011/11/19 16:39]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

皆様ありがとうございます

今日も仕事で、帰ってきたのが12時近く。ありがたいことですイヤホント。さてこの地図ソフトですが、実際に買った人は少ないと思いますね。値段がちょっとね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/99-ae6dfe6a