体重を増やすには? 

猿楽町


今朝は7時過ぎに誰かがドアかどこかを叩く音で目が覚めた。先日、インターフォンが上がりっぱなしになりチャイムが鳴らなかったことがあるので、それかと思い覗いてみたが違った。二度寝して起きたのは10時半過ぎ。何となく損した気分だ。雨が降り薄暗い。今日は母の誕生日。生前は一度もきちんとしたお祝いをしてやれなかったのが残念だ。遺影に手を合わせる。昨日はギャラリーf分の1で佐藤一旭氏の写真展を見た。氏は2002年に大企業を定年になってから写真を始めたという人だが、すでに全日写連福島県本部委員長を務める実力で受賞歴も立派なものだ。写真展は「復興の進まぬ故郷を憂う」という副題が付いているとおり、震災と原発の被害にあえぐ氏の故郷・福島の写真である。震災発生以来、今日まで約2万カットを撮影したという。氏の撮り方は、ほとんどが長目のレンズで被写体を引き寄せる手法。私などはついワイドで迫力を付けたくなるが、氏はそんなことはしない。そのためか厳しい中にもほんわかした温もりが感じられた。

先日、区の高齢者健康診断を受けた。毎年受けるべきものだが、昨年は別にちょっとした異常が出て血液検査などをしたので健診は受けていない。検査から指摘された数値はなかったものの、私なりに見返してみると体重が減っているのが気になった。2010年12月54.9㎏、12年1月55.6㎏、そして14年2月52.3㎏と今年が低い。念のために家で入浴前に測ると51.8㎏であった。そういえばこのところ、なんだか顔が年取ったような気がしていたが、やはり痩せていたのか。心当たりがある。体に悪いといわれて深夜のおやつ(といってもパン半分程度)を止めたのである。寝る前に豆乳+牛乳に黒糖を入れ温めたものを飲むのは続けている。私の場合は朝が遅く夜も遅いので、朝昼食の間隔が狭くその分夕食後の時間が長くなってしまうのだ。さてどうしたものか。痩せる方法は多数あるが、太る方法は……?
      

究極の病原体とは 

北砂5丁目


視野の中央に黒いものがちらつき始めたので眼科へ行くと、飛蚊症だと言われた。心なしか視力も落ちたようだ。だいぶ前から、時々粘液か何かが流れるように見え、気になっていたのだ。飛蚊症は「体調により見えたり見えなかったりすることはあるが、硝子体の濁りによるもので治りません」と断言される。この日は患者さんが多く、先生は少しイライラしているようだった。しかし、飛蚊症はルテインなどの摂取で改善されるという説もないではない。同僚や先輩にも飛蚊症になったという人がいたが、その後どうなったものか。最新の健康雑誌には眉毛を4等分して3つの点をとり、左右外側(眉尻側)の2点を押して刺激するといいとあった。内側の2点は白内障、中央の1点も黄斑変性症などに効くという。西洋医学はサプリメントや指圧の効果を認めようとしないが……。

眼科と言えば、昔、五反田の眼科の先生はこんな珍説を公言していた。「人間に病原体は1つしかない。それが頭につくと頭痛、眼につくと眼病、腹につくと腹痛……」。それでも医学者かと突っ込みたいところだが、こういう単純明快な割り切りも悪くない。目黒川沿いのちょっと古めかしい雰囲気の眼科。あの頃は祐天寺から渋谷で乗り換え、田町まで通っていた。眼精疲労だと言って白い粉末の飲み薬を出してくれたが、あれは何だったのか。今と違って薬の名前や成分は明かされなかった。錠剤や軟膏はわざわざ薬品名を切り取って渡される時代だった。妙に気難しく威張っていた年配の看護師のことを考えると、今でも気分が悪い。

30日の日曜日は厄日なので発信を控える。メールもなし。夕方、『笑点』の前に放映中の『宇宙戦艦ヤマト2199』を観る。最新作だけにアニメ表現としては最高のレベルに達している。ジブリなどは観る気にならないが、これはなかなか素晴らしい。
      

お灸をすえる 

右の写真、遠くにスカイツリーが……
団地の雪 団地の雪2

成人の日、東京も思わぬ大雪になった。外出の予定はすべてキャンセルだ。

さて、後鼻漏の治療法を探していてこれはと思えるサイトに行き当たった。「心と身体のツボ」というブログで、「井穴刺絡」(せいけつしらく)という方法を使って治りにくい痛みや不調を改善するやり方を掲載している。結論を言えばそれらは自律神経のアンバランスによるものという考え方だ。ストレスからくる交感神経の働きすぎ、副交感神経の働きすぎが心身の正常な活動を狂わせている。したがって、それを適切に戻してやれば不調は改善されるという。いずれも手足の爪の根っこ側の角を刺激する。後鼻漏は緑色の粘っこい鼻汁の場合、交感神経の働きすぎだから手の親指の内側と人差し指の内側を刺激する。主たる症状は透明かつ粘っこい鼻汁だが、とりあえずこれでやってみる。円皮針というのが手軽らしいがお金がかかるので、せんねん灸やカマヤミニなどを使ってきた経験から線香灸を試みた。ダイソーで買った煙が少なく短い線香に火を点け、ツボに近づけては離すのを7~10回繰り返す。1日2、3回、2日もやったら大分改善された。膝のお皿の痛みには足の人差し指の外側を刺激する。昨日は風邪の引き始めの症状があったので、手足の薬指の外側を刺激したら、風邪と一緒に後鼻漏が更によくなった。ひょっとしたら私の後鼻漏は副交感神経の働き過ぎの方だったのかもしれない。このブログは症状別に実に詳しくやり方を載せている上、管理人の中村さんは私の曖昧な質問にも気さくに答えてくれた。急性の感染症などは西洋医学に分があるが、逆に慢性病ではダラダラ薬を飲み続けることになりかねない。そういう不調にこれはぴったりの療法だと思う。リンクを載せておいたので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。